渡良瀬遊水地(谷中湖)
散策2/2

この下にある「プルダウンメニュー」が表示されない場合は、ページ最下行にあるハイパーリンクをご利用下さい。





このページは、渡良瀬遊水地(谷中湖)散策1/2 からの続きです。
直接このページに入られた方は、渡良瀬遊水地(谷中湖)散策1/2 のページを先にご覧ください。
渡良瀬遊水地(谷中湖)散策1/2 のページへ

2016/10/30(8:45)
旧谷中村の「墓地」であろう。
2016/10/30(8:45)
右に立つのは、「墓石」というより「石碑」か?。
「享保九」と刻まれることから、享保九年(1724)に
建てられたのであろう。
刻まれる像が、「毘沙門天」とすれば、踏みつけて
いるのは、「邪気」なのであろうが、「邪気」が
一体だけというのは珍しいし、子供を踏みつけて
いるように見えるのが、不気味で気持ちが悪い。
その下には、「三猿」も刻まれる。
写真をクリックすると右に立つ「石碑」を
切抜く画像(450x600)が表示されます。
2016/10/30(8:46)
こちらの「墓石」にも、仏像が彫られている。

2016/10/30(8:46)
標識には、「延命院跡」とある。
赤いポストのようなものは、「谷中村 連絡箱」で、
「連絡ノートが入っています。
ご自由にお書き下さい」とある。
2016/10/30(8:48)
「延命院跡」に立つ木。
2016/10/30(8:49)
文字だけが刻まれる「墓石」。
丸みを帯びた「墓石」は、柔らかみと趣がある。

2016/10/30(8:51)
「それゆけ藤岡島(浮島)」の案内板。
「谷中ブロック」に浮かぶ「浮島」の案内版で、
平成11年(1999)、藤岡小学校の生徒が
制作したとある。
同様の案内版は、「北橋」の近くにもあり、
制作年や制作した小学校などは異なるが、
上の案内版よりも、多少読みやすい。
写真をクリックすると「北橋」の近くに立つ
「イイ島浮橋」の案内版(600x800)が
表示されます。
2016/10/30(8:52)
「谷中ブロック」に浮かぶ「浮島」。
写真をクリックすると2倍ズームで撮る
「浮島」の写真(600x450)が表示されます。
2016/10/30(8:54)
「芝生広場」。
「谷中村史跡保存ゾーン」の西端である。

2016/10/30(8:58)
「デュアスロンキッズ」を先導するバイク。
「トライアスロン」の大会関係者の動きから、
何かあるのかと、しばらく見ていると、
「デュアスロンキッズ」の自転車集団がやってきた。
先頭を走る自転車は、独走態勢である。
「デュアスロン」は、「トライアスロン」の水泳を
中距離走に代えたもので、この日の小学生
中高学年の部では、第一ランが1km、
自転車が5km、第二ランが2kmであった。
2016/10/30(8:58)
「デュアスロンキッズ」の自転車第2集団。
2016/10/30(8:59)
写真左の方向が「東谷中橋」、右が「中の島」。
「デュアスロンキッズ」の自転車は、右の道を
こちらに向かって走り、このヘアピンカーブを
右折して、左の道へと走り抜けていく。

2016/10/30(9:00)
直前(8時59分)の写真の反対方向である。
写真右の道を進むと、「西谷中橋」。
「西谷中橋」への途中には、駐車場や
「ウォッチングタワー」等がある。
左は、「北水門」へと続く道で、写真中央に写る
芝生は、「子供広場ゾーン」。
2016/10/30(9:02)
「デュアスロンキッズ」の自転車集団も
一段落したため、「中の島」へと歩く。
2016/10/30(9:07)
「北橋」。
8時51分の写真で紹介する「浮橋」の
案内版は、この近くで撮影したものである。

2016/10/30(9:08)
「北橋」から見る「北ブロック」。
「北ブロック」の北側は、「ウインドサーファン等利用エリア」となっており、ウィンドサーフィンやカヌーなどの
ウォータースポーツを楽しむことができるが、「北ブロック」での「魚釣り」は禁止されている。

2016/10/30(9:09)
「北橋」から見る「谷中ブロック」。
「谷中ブロック」には、地元小学生の作った「浮島」が浮かぶ。

2016/10/30(9:13)
「中の島」に向け歩く。
2016/10/30(9:19)
「中の島」。
写真中央には、往路に見た「柳の木」。
右の道を、「下宮橋」へと向かう。
2016/10/30(9:24)
往路歩いた道を「下宮橋」へと向かう。
写真は、右が「北ブロック」。左は「南ブロック」。

2016/10/30(9:31)
「下宮橋」に近づくと、「南ブロック」では、
水泳競技が始まりそうな様子であった。
2016/10/30(9:33)
水泳のスタートを前にくつろぐ人達。
この日の「トライアスロン」は、2種目があり、
種目Aは、水泳0.6km、バイク30km、ラン5km。
種目Bは、水泳0.3km、バイク15km、
ラン2.5kmとなっていた。
2016/10/30(9:44)
「スタート直前」。
少数ではあるが、女性の姿も見受けられる。

2016/10/30(9:45)
「競技開始」。
先頭集団は、一斉に泳ぎだしたが、後続集団は、
気温のせいか、ゆっくりと水に浸かる感じで
スタートしていた。
2016/10/30(9:46)
水泳競技を応援する人達。
2016/10/30(9:47)
「大会本部」を覗いてみる。
大会の名前は、「2016チームケンズカップ紅葉
チャレンジトライアスロン・デァアスロンフェスティバル
in 加須大会」という長いものであった。

2016/10/30(9:49)
本部前で行われていた「キッズ」の表彰式。
2016/10/30(9:54)
「下宮駐車場」。
「中央エントランス」の南側にある「下宮駐車場」は、
今朝通ったときには、まだ空きがあったのだが、
この時間では、ほぼ満車状態である。
2016/10/30(10:03)
道の駅「きたかわべ」に戻る。
この日歩いた「谷中湖」は、湖底にコンクリートを
敷き詰めた人造湖で、首都圏の水瓶でもある。
このため、異臭の原因となるプランクトンを
死滅させるため、年1回(1月~4月)湖の水を抜く
「干し上げ」が行われるという。
水の抜かれた「谷中湖」の姿も見てみたいと思うと
共に、生息していた魚や、子供達が作った「浮島」は
どうするのだろうか?。知りたくはなりますね。

  渡良瀬遊水地(谷中湖)散策1/2に戻る     旅の記録(栃木県)に戻る     旅の記録(茨城県)に戻る

  旅の記録(群馬県)に戻る     旅の記録(埼玉県)に戻る

  旅の記録に戻る      Donichi’s HomePageに戻る